脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



タグ:自動運転


パイロットのいない「AI旅客機」をボーイングが2018年にテスト飛行へ
http://gigazine.net/news/20170609-boeing-ai-plane-without-pilot


>抜粋
世界最大規模の航空宇宙機器メーカーであるボーイングが、人工知能搭載でパイロットを乗せずに飛行する自律飛行型の商業旅客機のテスト飛行を2018年に予定していることがわかりました。


「将来、飛行機のパイロットになる!」という子ども達の夢が、AIによって消えそうです


飛行機だけではなく、船舶・電車・自動車にも、AI搭載の自動化に向けた動きは加速しています。

「豪華客船の船長になる!!」
「電車の運転士になる!!」
「タクシーやバスの運転士になる!!」


こういった子ども達の夢は、近い将来、AIによって奪われることになるでしょう。


小型船も自動運転へ 魚群探知機大手が「自動操舵」導入
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98994390Z20C16A3000000/


次々に開業される世界の地下鉄の自動運転。十年後には完全無人化へ
https://matome.naver.jp/odai/2145772373351973901


SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定
http://jp.techcrunch.com/2017/03/24/20170324softbank-self-driving-bus/



「平凡な会社員になる!!」

もしかすると、このような夢も、AIによって潰されるかもしれません。



人工知能グーグル囲碁の衝撃
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0210.html 



私が約10年前に大学で人工知能を学んでいた頃は、ちょうど、オセロプログラムと人間が同じ様なレベルで、囲碁、将棋については、まだまだ人間の方が強い時代でした。

囲碁については、現状のコンピュータシステムでは、勝算は、ほぼ0だと言われていました。

現在、 囲碁に関して、コンピュータが人間を打ち負かそうとしています。

未来は予測できませんが、少なくとも、10年前に自分達が考えていたスピードよりも、より速いスピードで、人工知能は進化をしています。


テレビをつけると、車のCMから「自動運転」というキーワードが流れてきました。

バックで駐車場に車を停める動作を、コンピュータが自動運転で実施するようです。


調べると、もう自動運転は実現目前のように見えます。


日産の自動運転車も乗ってみた! 歩行者や信号検知し一般道スイスイ トヨタと比べると…
http://www.sankei.com/premium/news/151101/prm1511010027-n1.html 



タクシーの運転手や、バスの運転手の人々が消える時代は、そう遠くないのかもしれません。





自動運転 自動車(2015年度)



この調子で行けば、自動車の運転に関しては、コンピュータの判断が、人間の判断よりも優秀になる時代が、すぐ来そうです。

少なくとも、飲酒運転をしている者や、イライラしがちなオジサンや、スピード狂の若者が運転する車よりは、もはや、コンピュータの自動運転が、現時点で、はるかに安全そうです。


自動運転も、人工知能の分野に含まれると、私は考えます(外部の情報を認識→機器を操作)。


建設分野ですが、コマツ(=株式会社 小松製作所)が、既に、自動運転を実用化しつつあります。


コマツ、建機完全無人へ ロボベンチャーに出資、自動走行実現で総仕上げ
http://blog.goo.ne.jp/kumasan-hattsan/e/88eb513f0c6eef42abae7dcb182e2973



さて、このブログで再三指摘していますが、自動車の運転に携わる仕事をしている人は、どうなるのでしょうか…


日産自動車 2020年までに自動運転車を発売
https://pbs.twimg.com/media/BSw_qr8CAAElIor.png


メルセデス・ベンツ「イノベーション」 → 運転席が、基本ないんですが。。
https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/innovation/research-vehicle-f-015-luxury-in-motion/



自動運転


恐らく、失業者は増えますが、交通事故は減るでしょう。

人命を最優先に考えた場合、自動運転は、未来の人類にとって、有効な手段だと私は考えます。





ポルシェのエンジン工場の内部は、まるでトランスフォーマーの世界
http://www.gizmodo.jp/sp/2015/01/post_16239.html


oh...

普通に「SFの世界」です。


「SF=少し不思議」ですが、私から見ると「MF=メッチャ不思議」です。

しかも、人のようなもの(=ロボットアーム)が、見えますね、、、

私の過去の記事を読めば、簡単に分かると思いますが、これは、経営者にとって「高いか」「安いか」という選択を、極限まで極めたカタチです。


経営者から見れば「人件費」「機械件費」「一緒」です。安い方を、選択します。


「安く」仕入れて「高く」売る。

商売の、基本原則です。


この場合は、安く仕入れるのは「人件費」と「機械件費」で、高く売るのは「車体の料金」です(※)。

※私は経済学者では無いため、この記述が、全て誤っている場合があります。


私達は(※)、普段、手足をこまめに動かしながら「自動車」に乗っています。

※私は自転車(チャリ)です。

多分、高級車をカッコ良く運転している、若い、お兄ちゃんから、高級車を引き算すると、

「手足をチョコチョコ動かす、1人のヘンテコな若い人」が、浮かび上がってきます。

視点を変えると、この若者は「機械とコンピュータと化石燃料」に、がんじがらめになっています。

ギアチェンジも、大体「オートマ」です。自動車が、ギアを自動でチェンジします。

「マニュアル」のギアチェンジも、人から見れば、単に、オートマの操作に、クラッチと、シフトレバーが入るだけです。

クラッチと、シフトレバーの先には、すぐに「もの凄い数の、機械とコンピュータ」が、あなたの入力操作を、今か今かと、待ち構えています。


少し分解すると「全く訳の分からないもの」に、私達は、乗っています。

慣れです。人は、ジワジワ変化するものに「気がつきません」

こんなの「モンスター」です。

街が「モンスター」で、溢れています。


コワイです。


そのうち「Google自動車」のように、自動車に対し、人間の入力操作は、不要になると、考えます(※)。

※まるで、自動販売機のようです(※)。

※人間が、お金を入れて、ボタンを押すだけで、商品の選択、排出から、お釣りの計算、お釣りの排出、残り本数(在庫)のチェック、お釣りの残高チェック、当たりクジの実行、お礼を述べる、頭を下げる等、自動販売機は、人間に代わって、ほとんどの物事を「自分で考え、自動で」こなしています。

素直に思います。

現在、運送業(トラック、バス、タクシー運転手)の仕事についている方は、一体、どこに行ってしまうのでしょう?


…なんか、嫌な予感がします。


ドライブも、近未来なカタチになるのでしょうか?


以下、妄想。


(バタン)

私「よいしょ。あー、車内が、寒い。今日は寒いけど、憂鬱だから、海まで一丁、ドライブ行くか。(一瞬、迷った表情)」


車(女性)「おはようございます。」


私「ああ、おはよう。(軽い笑顔)」


(エアコンが自動で起動)


車「…今日は、海のドライブも宜しいかもしれませんが、たまには、澄んだ山の景色を見ながら、帰りに温泉に入るのも、良いかも、しれません。」


私「そうだなあ…(難色の表情)」


車「まずは、朝ごはんを、一緒に食べに行きませんか?」


私「それは良いアイデアだ。(明るい表情)」


車「えーと、朝はやっぱり、温かい、ご飯と、お味噌汁。加えて、青魚と、軽いお惣菜と、納豆・卵・海苔ですね。」


私「うーん…(困った表情)」


車「あ…パンやコーヒーの、モーニングでも良いかもしれません。」


私「そうだなあ…(目を閉じる)」


車「とりあえず、今日は、ご飯とお味噌汁にしましょうか。」


私「そうしよう。(明るい表情)」


人工音声(男性)「…メインエンジンを起動します」「…オートドライブ機能、起動しました」「…各部、異常、ありません」「燃料は、残り75%です」「シートベルトを、着用してください。」


私「(…あらよっと)」


車「…ここから、約10分の場所に、美味しい、ご飯屋さんが、あります。現在、お店の駐車場も、店内の座席も、空いています。今日は玉子焼きが、無料サービスです。」


私「ああ、それでいい。頼む。(安堵の表情)」


車「かしこまりました。では、ごゆっくり、おくつろぎ下さい。」


(車、ゆっくりと、動き出す)


車「…♪〜♪〜(ゆったりしたクラシック)」


(駐車場内を、徐行)


私「…(スマホでも見るか…)」


(左折、細道に進入、徐行)


車「♪〜♪〜」


(交差点を、左折。2車線の道路に進入)


私「…。(スマホ操作中)」


(加速、車線変更)


車「♪〜♪〜」


私「…。(スマホをやめ、横の窓から、外の景色を見る)」


車「〜♪〜♪」


私「…。(眠い表情)」


車「♪〜♪…。」


私「…。Zzz...」


車「…。」


車「ドン!!♪ドンドンドンドン!!♪(速いリズムのロック)」


私「!!(驚きの表情)」


車「おはようございます。」


私「おいおい、冗談は、よしてくれよ。(ひきつった笑顔)」


車「今日は、日経平均株価が、取引開始直後から、やや、上昇傾向のようです。」


(減速)


私「うむ。まあ、私は、株取引をしてないから、景気が良けりゃ、何でもいいよ。(目を逸らす)」


(交差点を、右折)


車「景気が良くなると、お給料が、増えますよ♪」


(細道を、徐行)


私「いやあ、私は、これぐらいで、いいんだ。私は、大してお金がなくても、自分の人生に、満足してる。(安堵の表情)」


車「そのような考え方も、一理、ありますね。あ、ちょっとだけ、急停車します。」


人工音声(男性)「急停車します。」


(…ガクン)


私「どうしたんだい?(関心がある表情)」


車「…すみません。黒猫が、道に飛び出してきそうでした。大丈夫です。」


私「いやはや、猫は、素早いからね、、、危ない危ない。轢かなくて良かった。(安堵の表情)」


(再び、徐行)


人工音声「…現在、目的地付近です。」


車「…もうすぐ、到着です。」


私「いやあ、お腹が空いてきた。青魚は、久々だ。楽しみだ(ワクワクした表情)」


(左折、駐車場に進入)


車「私も、何だか嬉しいです。また、食後の感想を、教えてください。」


私「分かった。ありがとう。あ、(何かを思い出した表情)」


(駐車場内に、停車)


車「大丈夫です。お支払いは、電子マネーで、自動精算されます。」


私「ありがとう(安堵の表情)。」


人工音声(男性)「メインエンジンを、停止しました。シートベルトを、外してください。お疲れ様でした。」


私「うむ。(あらよっと)」


車「ごゆっくり、おくつろぎ下さい。それでは、行ってらっしゃいませ。」


(バタン)



渋滞時自動走行「来年には可能」 日産・ゴーン社長 
http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM02H4Y_S5A300C1FFB000/ 



引用
>>「2016年には渋滞時の自動走行が可能になる」との見通しを示した。
>>「2018年には高速道路での走行が実現し、車線の変更も可能」になるという。
>>「2020年には、市街地の一般道でも走行でき…」


うーん… 多くの人々は「うーん」ってなるんちゃう??


中国・上海を走っているリニアモーターカー「SMD」(max speed
431km/h!!)
http://allcats.blox.pl/resource/Maglev_Shanghai.jpg 


レールの端っこ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9e/Longyang_Road_Station_Maglev_Rail_End.jpg/800px-Longyang_Road_Station_Maglev_Rail_End.jpg


運転席→パイロット、とりあえず
座ってるだけ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/20/Shanghai_Maglev_Driver.jpg 




 うーん…


カルロス・ゴーン氏(日産CEO)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%B3

 
引用
>>「人は多様性から学び、そして共通性安らぎを感じる。

OH!! 結構、深いことを、おっしゃっています。。


さらに引用
>>「ゴーン以前」に入社した居残り組と、「ゴーン後」に入社した中途採用組社内闘争

Ah~また「争い」ですか…面倒です…


さらにさらに引用
>>福島第一原子力発電所の放射性物質漏れ事故の影響下にあった「福島いわきエンジン工場の操業回復」をいち早く決定

この方は、「経営」が何であるかを、熟知しています。


ゴーン氏は、結構、リストラしたりしています(…)、しかし、これは、日産自動車株式会社が「生き残るため」に、やむを得ない判断だったと、私は、考えます。

また、「日産自動車株式会社」という会社が、一体、どうすれば「人々を幸せに出来るのか」ということを主軸に、ゴーン氏は、常に物事を選択しているように、私には見えます。


「自動運転自動車の誕生」は、恐らく「大量の失業者」を生みます。

しかし、その反面「交通事故」による事故は、世界的にみて「大幅に減ると」私は考えます。

多くのドライバーが失業しても、仕事は、ナントカ、見つける。世界中でアタマを捻って、作りだす。


ゴーン氏のアタマの中には、以下のイメージが描かれていると、私は、考えます。
http://thumbs.dreamstime.com/z/family-car-8690867.jpg


それにしても、この車、ちょっとカワイイな…
http://blog.nwautos.com//assets_c/2009/11/111309_happy_lead_604x372-thumb-604x372.jpg


もうちょい引用
>>ゴーン氏「ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なこと吹き飛ぶ。車以外にこんな製品がありますか?」


ええっと、将来、自動運転により、ハンドルを握らなくてよくなる可能性を、ゴーン氏は自ら、おっしゃってる訳で…

あ~アカン、わけわかめです。


ベトナム国の「配線」
http://3.bp.blogspot.com/-BbYlw1_JOz0/UX1BXT8v7aI/AAAAAAAAAKA/_mlc-1EifNs/s1600/SAM_0954.JPG


では…(深礼)


↑このページのトップヘ

show-bg-image