脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



タグ:人工知能


①トワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース
http://www.nta.co.jp/mizukaze/details05.html 


>引用
ザ・スイート…2名1室・120万円


②JR西日本「新たな長距離列車」の概要を発表
http://railf.jp/news/2017/06/21/140000.html


>引用
「カジュアルに、気軽に乗車できる長距離列車を」


②の新たな長距離列車については、朝日新聞によると、最安値で7千円から乗車可能のようです。


はっきり言います。商品は、社会格差を反映します


同じレールの上を「120万円の豪華列車」「7千円のカジュアル列車」が走ります。

正直言って、価格差があり過ぎです

資本主義経済においては、個人間の格差が発生することは避けられません。

しかし、格差の幅が問題です。


日本の子どもは「6人に1人が貧困」と言われています。

ただ、なぜか、日本の子どもの「600人に1人が超富裕層」などとは言われません(※)。

※600人に1人というのは、私の勝手な推測です。


日本の金利はマイナスです。

お金は回っていません。みんな銀行に貯金です

銀行は、みんなが貯金するので、お金だらけです。お金だらけといっても、銀行は、そのお金を勝手に使い込んではいけません。銀行は、それらのお金を使って、もうけを出さないといけません

銀行は、そのお金を会社に貸して、もうけを出したいのですが、日本の会社は、リスクを警戒して、銀行からお金を借りようとしません。銀行はもうかりません

銀行は、日本国債を購入してお金を増やそうともしていますが、金利が低すぎて、ほとんど、もうけになりません

今、銀行は、個人向けのカードローンを乱発しています。もう、ちまちま個人にお金を貸して、必死に稼ぐしか方法がなくなってきています。

その結果が、これです。


ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52015

>引用
三井住友銀行の「4000人配置換え」は「銀行員にもう仕事がない」ことを証明している


銀行は、人を雇うお金がなくなってきているので、より安い人工知能(AI)を導入しようとしています。


三井住友銀行 損益状況
http://www.smfg.co.jp/investor/financial/smbc.html



今のところ、少しずつ右肩下がりですね…


将来、優秀なAIの登場によって「銀行員」という職業は、なくなるかもしれません




アルファ碁 ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/AlphaGo



世界最強の棋士が、わずか3年間の学習を重ねたコンピュータに屈し、涙を流す結末となりました。

今は、ゲームの話ですが、アルファ碁を開発した、ディープマインド社は、これから産業界へAIを投入する見込みです。

恐らく、近い将来、単純労働者や事務作業者は、AIを搭載したコンピュータに置き換わるでしょう。

人間が、コンピュータに屈し、涙を流す構図が、頭に思い浮かびます。

新聞記事を読むと、日本は少子高齢化が進むため、職場へのAIの導入は推奨されるべきだとの意見があります。

確かに、私もそう思いますが、ディープマインド社が相手にしているのは日本ではなく「世界」です。

日本は、人口減少の一途をたどっていますが、世界の人口は、増加の一途をたどっています。

私は、全世界において、知的レベルの低い労働者は、コンピュータに置き換わると考えています。

その結果、世界中で大量の失業者が発生する恐れがあります。

行き場を失った労働者達は、一体、どうなってしまうのでしょう?

単純な予測ですが、私は、世界中で暴動が起きると予想しています。

島国の日本も、安泰ではないと考えています。

AIによる世界的な雇用の喪失により、第三次世界大戦が起こる可能性も、否定できません。

戦争に使われる兵器も、AI搭載型がメインを占めると、私は考えています。

AIを制した国が、戦力的にも世界を制する世の中がやってきます。

私達は、結果として、AIを搭載したコンピュータ兵器と戦わないといけなくなるかもしれません。

実に、悲しいことです。


将来的に人類に歯向かってきそうなロボット



最近、テレビでも人工知能(AI)という単語をよく聞くようになりました。

巷では、人工知能が個性を持って、人類を滅ぼすなどと言われていますが、私は、そのようには考えていません。

例えば、ターミネーター2のスカイネットのようなものは、出現しないと考えています。


今の人工知能(AI)は、あくまで、人間の振る舞いを「マネ」しているだけです。

 ただ、その「マネ」精度が、近年、急速に発達しています

おそらく、近いうちに、私のブログレベルの内容は、人工知能(AI)によって記述可能となるでしょう。

既に、有名ブロガーの一部は、人工知能(AI)が記述しているのかもしれません。


では、人工知能(AI) の何が怖いのか。


それは、特定の人の仕事を、低コストの人工知能(AI)が奪う可能性が非常に高いということです。

そして、雇用が失われ、どうしても失業してしまう人が増えてしまうことです。


接客、会話、相談、レジ打ち、翻訳、データ整理、事務作業…

これらの、やや複雑な作業も、人工知能(AI)に仕事を奪われる可能性があります。


【例】米マクドナルド、コスト削減によりレジが廃止!タッチパネルで注文を済ませる方式に
http://blog.esuteru.com/archives/8556607.html 



これは1例ですが、マクドナルド店員の雇用が失われています。

人間の店員を雇うより、機械に任せた方が安上がりだからです。


生産ラインの自動化ソリューション(日立・PDFファイル)
http://www.hitachi-ies.co.jp/pdf/catalog/AA-467P.pdf


人件費のかかる、現場で働く人間が、どんどん削られていきます。


もちろん、監視役や、整備士などは必要ですが、圧倒的に少人数で済みます。

メインは人工知能(AI)を搭載した溶接ロボットなどです。


働かないと、当然お金はもらえません。

でも、働く場所がありません。うまく働けても、低賃金・重労働の、いわゆるワーキングプア状態。

そんな人が、今後、もっと増えていくと、私は考えています。


今、子どもの6人に1人は貧困状態と聞きます。世帯間の経済的格差は、大きく開いています

この物資が豊かな日本で、信じられないことです。

この貧困の要因の1つとして、人工知能(AI)による雇用喪失が関連しているのではないかと、私は考えています。


お店でタッチパネルをタッチする時に、ふと考えてみて下さい。

そこには昔、人がいたはずです。


 




なぁAI、おまえはどう思う? 「教えて!goo」がAIによる恋愛相談サービスを8月から開始(ねとらぼ)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/26/news112.html


>引用
>NTTレゾナントは、Q&Aコミュニティサイト「教えて!goo」で、AIが悩み・恋愛等の人生相談に乗ってくれるサービス「教えて!goo AI」を発表しました。8月を目標に開始する予定。

>8月の開始時は、現在「教えて!goo」で一番質問が多い「恋愛」ジャンルについてのみ相談を受けますが、その後も「介護」や「育児」等のジャンルにも拡大するとのことです。


精度の問題がありますが、うまくいけば、その辺の人たちよりも、AIの方が有益なアドバイスができそうです。


あれ、アドバイスを生業とする、アドバイザーの人はどこへ行ってしまうのでしょう?


5年後、ロボットやAIで500万人が失業する(東洋経済)
http://toyokeizai.net/articles/-/101235


>引用
>ロボットや人工知能(AI)の台頭などが労働市場に大きな影響を及ぼすと指摘。世界15の国・地域で今後5年間で約510万人が職を失うとしている。


今日は雨だからか、気分が憂鬱です。

失業者の増大が杞憂であることを天に祈っています。


憂鬱
http://1.bp.blogspot.com/-JpAc6OxUWRM/VlPEw1yWhaI/AAAAAAAAL-w/6ec99QA8Hjw/s1600/DEPRESSION.jpg





人工知能 特許審査に活用へ 16年度から実証事業(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160331/k00/00m/020/122000c


>引用
特許庁は2016年度から、特許の出願手続きや審査で人工知能(AI)を活用するための実証事業を始める。どういった作業でAIが使えるかを検証し、将来的にはAIによって審査の効率化につなげる考えだ。 


特許庁は、効率化の名の下、人を雇用するのではなく、コンピュータを雇用しようとしています。

そちらの方が、早く、安上がりだからです。

人は、徐々にコンピュータに負け初めています。

憂鬱です。



↑このページのトップヘ

show-bg-image