脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



カテゴリ: 原子力工学


Jパワーなど3000億円投資 山口大型石炭火力建設発表 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ27HYO_X20C15A2TJ1000/



Yeah!!!!!!!!!!!

この流れは、オジサン的に、良い流れと、考えます。

石炭を燃やすと、二酸化炭素が、ジャンジャン出ますが…


山口県・上関原子力発電所(計画)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%96%A2%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80


オジサンは、この原子力発電所を作って欲しく、ありません。

なぜなら「70年前、広島で被曝した、私のおじいちゃん」「ふるさと」が、近くにあるからです(=山口県、周防大島町)


上関原子力発電所の立地場所(計画)
https://www.google.co.jp/maps/place/Nagashima,+Kaminoseki,+Kumage+District,+Yamaguchi+Prefecture+742-1402/@33.6325021,131.6432534,8z/data=!4m2!3m1!1s0x35450550b3af5d21:0x9d13e09285c0e10b



上関原発に反対する立場の人々が、戦った「記録」 2012・本)

原発をつくらせない人びと


恐らく「今」も、水面下で「賛成派」「反対派」「憲法・法律のルールに基づいた戦い」が繰り広げられています。


原子力の問題は、私見ですが、市町村のレベルの問題では、「ありません」

都道府県レベルの問題でも、「ありません」

国レベルの問題でも、「ありません」


もはや「地球レベルの問題」です。


原子力発電所の立地マップ2012
http://ts-1.eee.hku.hk/ccst9015sp12/healthcare-cost/files/2012/04/plantsworls.jpg


私見ですが、原子力は、経済(=お金)「密接に関わっています」

だから、原子力を、すぐに失くすことは、経済的な観点から、出来ません(=失業者が増加します)

しかし、長期的な視点(=数千年~数万年)に立つと、どうでしょう?

え?自分が生きてないから、関係ない???

私は、そうは、思いません。


第五福竜丸(=米軍によるビキニ環礁の「水爆実験」で被害を受けた船です)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%94%E7%A6%8F%E7%AB%9C%E4%B8%B8



私見ですが、私達は、過去を見つめ、自分のことだけではなく、人類全体のことを考慮して、未来への「選択」をする「義務」があると、考えます。

この記事をご覧の皆様は、どう、お考えでしょうか???


question「??????」
http://assets.kingletas.com/wp-content/uploads/2013/04/Question-People.jpg






 


日本再生可能エネルギー総合研究所(2012)
http://jrri.jp/report_201207_greifswald.html



引用(ちょいと修正)

>>現在、原子力発電所の跡地には「風力発電」関係など「30を超える企業が軒を並べます」。まさしく原発の「建造物のリサイクル」です。


Yeah!!!!

これは、ドイツの事例です。みんなで頑張って原発を「廃炉」に出来ています。


ドイツって、どこだ!?
http://www.whereig.com/images/where-is/germany-location-map.jpg 


しかし、行き場を失った「中間貯蔵施設に保存されている『使用済み核燃料』を、どうするか問題」は、残っています。

ただ、それを考えても、原発を廃炉に「出来た」ことは、驚くべきことです。

私見ですが、日本も、この流れを追いましょう。


さらに引用(ちょいと修正)

>>原発の廃炉に伴い、懸念されたことは「地元の経済」です。
原発の廃止が決まった時「5千人の運転関係の労働者」と、新しい原発を建設していた「1万人の労働者」が「職を失う危機」に瀕しました。

かろうじて、一部の「雇用」は残りましたが、結局、地元で続けて働くことができたのは、わずか2千人でした。地元の自治体は「経済破たんの危機」にありました。



そうなのです。

「原子力発電所」「経済(=お金)」
「つながっている」のです。

単純に「原発なんか、廃炉でいいじゃん」と決めてしまうと、以下のような人々が発生します。


仕事がない…お金もない…住む家もない…もう、疲れた…
https://fuckhipstersandsweaters.files.wordpress.com/2013/11/1951949-85819-a-homeless-person-looking-for-new-work-unemployed-beggars-living-on-the-street.jpg


こんなの、私の望む社会では、ありません。


私の望む社会のイメージ
http://i.guim.co.uk/static/w-700/h--/q-95/sys-images/Guardian/Pix/pictures/2010/5/24/1274709324220/People-enjoy-the-sunshine-003.jpg



以下、妄想。


妻「あなた、今日もいい天気ね。」

夫「そうだね。いい天気だ。人間も、草木と同じで、日光浴が必要だね」

妻「あ、でも『紫外線』が心配だわ」

夫「大丈夫。そんなこともあろうかと、『日焼け止め』を持ってきておいたよ」


日焼け止め(紫外線予防)


妻「まぁ、素敵。あなた、IBM社の『Watson』や、Softbank社の『pepper』 みたい」

夫「フフン、私は、コンピュータやロボットには負けないよ。人間だからね」

妻「まぁ。コンピュータやロボットと張り合ってるなんて、何か、あなた、可愛らしいわ。」

夫「男はみんな、子どもなんだ。」

夫「でも、子どもらしいことは、とっても大切だと、私は思う。」

妻「ま、これで働いてくれたら、私は嬉しいんだけど。私は、来週、会議ばっかりよ」

夫「主夫は、やっぱりダメなのかなぁ。まぁ、会議は、そのうち、コンピュータで『自動化』されるさ」

妻「まぁ、料理が美味しいから、私はOKだけど。将来的にも、主夫は増えるみたいね」


主夫
http://cdn.slism.net/2013/06/130610_marry-a-nice-househusband.jpg


夫「私は、不思議なんだ」

妻「何が?」

夫「家電やロボット、コンピュータの進化で、主婦・主夫業の仕事はどんどん減ってる」

妻「それで?」

夫「なんで、サラリーマンの仕事は減らないんだろう」

妻「う~ん、私には、よく、分からないわ。」 

夫「もう、1人『8時間勤務』は、もう、長すぎるんじゃないかな」

妻「私も、短時間勤務がいいわ。ずっとイスに座って、腰が痛いもの」

夫「それにしても、なんで、こんなに『書類』があるんだろう?」


大量の書類
http://comstoroutdoor.com/blog/wp-content/uploads/2013/01/TooBusy.jpg 


妻「さぁ?上司から、書類を『作れ』と言われて、私は書類を『作って』いるわ」

夫「アタマが痛くなってきた。ちょっと静かにして、空を見ようか。」

妻「それがいいかもしれないわね。」

夫「それにしても、不思議だなぁ。地球の『青い空』は、宇宙から見ると『ごく一部』だ…」

夫「zzz...ZZZ...」

妻「zzz...ZZZ...」


宇宙から見た地球
http://swg-ent.sakura.ne.jp/sblo_files/xlii/PE3/117597ft.jpg


動き出す廃炉(1) 揺れる原発銀座 日経
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFB18HEG_Y5A210C1EA1000/



稼働を終了した、原子力発電所「ふげん」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%92%E3%82%93


さらさらっと引用

>>2003年3月29日に運転を終了の後、廃炉手続きに入っており、日本原子力研究開発機構原子炉廃止措置研究開発センターによる廃炉作業が行われている。 

>>2029年(平成41年)~9999年(未定)
高レベル放射性廃棄物の恒久処理・隔離・管理。
原発廃止後の高レベル放射性廃棄物の恒久処理・隔離・管理に関しては未定である。
(何百・何千から数万年間)


世界にある原子力発電所(2012時点で、世界に「433ヶ所」もあります!!)
http://todayilearned.co.uk/wp-content/uploads/2012/11/800px-WorldNPP_map.png


世界にある原子力発電所(データベース一覧・海外サイト)
http://world-nuclear.org/nucleardatabase/rdResults.aspx?id=27569



こんなの、88ヶ所のお遍路参りより、大変です…

あれ?日本は「ぶつぶつ」です。。。





昨日、近くのコンビニで30秒ほど立ち読みをしていると、気になる1文を見つけました。

日本で、最も県民の満足度が高い県=「福井県」


Oh!!


オジサンは、将来、日本に道州制が導入されると、考えています。

そうすれば、今の県境が「グチャグチャ」になると考えているので、オジサンは、もう既に、日本を「県」という単位で「認識していません」


道州制のイメージ Wikipedia
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9e/Region_system11.png/300px-Region_system11.png



私見ですが、近い将来、日本は、現在の「47都道府県」から、以下の「10州」に統合されます。

北海道州
東北州
北陸州
北関東州
南関東州
東海州
近畿州
中国州
四国州
九州州


当ブログをご覧頂いている、九州の皆様、本当に、申し訳ございません。

何か「チューチュートレイン」みたいな名称に、なってしまいました…


しかし、


「ワシは大阪出身や!」

「ワタクシは神戸
出身です。兵庫出身でも、大阪出身でも、ございません」

「わしゃ、広島
出身じゃけん」

「俺、東京在住じゃん」

「オッス、オラ悟空」


みたいな「よく分からない区分」は、多分、無くなります。


しかも「47個も都道府県を覚える苦しみ」から、人々は、開放されます。


都道府県 標章の一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E9%81%93%E5%BA%9C%E7%9C%8C#mediaviewer/File:Japanese_Prefectural_Emblem.png


もはや「パズル」です。オジサンのハードディスク脳味噌は、苦しみで「ガリンガリン」言っています。

明治時代から、ナント「145年」も、今の都道府県が存在しています。

これは、スゴイことです。

関西に住むオジサンは、頭が悪いので「山梨県」の位置が、正確に説明出来ません…

山梨の皆様、本当に、申し訳ございません。。


ところで、少し昔の日本地図は、どのようなカタチだったのでしょう???


【参考】1932年の日本地図(今からたった「84年前」の日本地図) Wikipedia
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/5/53/Empire_of_Japan_1932.png


WAO!!


今と、全然、違います。では、今から「84年後」の日本地図は、一体、どうなってしまうのでしょう???

84年?そんな時間は、すぐ「来ます」


earth history
http://www.iupui.edu/~g115/assets/mod03/earth_history.jpg


Oh!! Yeah!!


少しスケールを変えると、私達は、凄まじい「マグレ」の世の中に、生きていることが、分かります。

この渦の先には、一体、ナニが待っているのでしょう???

以前の記事にも書きましたが、将来の日本が「本州と、四国だけ」にならないように、オジサンは、神に祈っています。

世の中には、不思議な発想をされる方が、いらっしゃいます。


47都道府県が、世界の国になったら(もし、世界の国が、日本の都道府県だったら)
http://www.fstcon.jp/wp/wp-content/uploads/6e097e807bf3bd4fbf4342b52be7d0251.jpg


記事出典元(ファーストコンサルティング株式会社)
http://www.fstcon.jp/?p=4972


私が心から「感銘」を受けた記事
「売れる商品はない」
http://www.fstcon.jp/?p=22210


凄まじいタイトルです。私見ですが、関西に住む私から見ると、もはや哲学者の発言です。

これは、スゴイです。


ええっと、何の話だったでしょう???


そうです!「福井県」です。将来の「北陸州」です。


なんで、満足度が高いのでしょうか????


福井県の産業(福井県庁WEBサイト)
http://www.pref.fukui.jp/doc/about/industry.html


おぉ~、やはり、鯖江市の「メガネ」産業が、非常に強いです。あれ?原子力発電所もあるな…


大飯原子力発電所
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/images/fukui/20120223-_MG_9472.jpg



まぁ、色々と事情があると思いますので、私は、ナニも、言いません。


高速増殖炉「もんじゅ」
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Monju.JPG



Oh...日本の科学技術の挑戦が続いている施設です。


高速増殖炉「もんじゅ」の概念図
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/energy/g-richi/img/069070_3.jpg



おや?1次系や2次系の「ナトリウム」という単語がありますね…


ナトリウム Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0



おや?ナトリウムは、第3類の「危険物」に分類されていますね…


ナトリウムを利用した爆弾(兵器)
http://frigg.physastro.mnsu.edu/~eskridge/astr101/chemexp.jpg



もちろん、もんじゅの中で、このような爆発が起こるとは、限りません。

しかし、歴史的には「火災」が発生しています。

原子力発電所の中で「火災」が発生しています。

そうです。ナトリウムは「燃えやすい」のです。


話が飛びます。

今も、原発事故に関係する被曝の影響(=数日で、存在が「完全に消えてしまう」放射性ヨウ素の影響)に関し、甲状腺の検査をしている方々が、日本国内にいらっしゃいます。


甲状腺の位置(赤色の部分)
http://paleoleap.com/pictures/thyroid/thyroid-gland.jpg



完全に私見ですが、甲状腺は、きちんと検査をすれば、大丈夫です。


原発事故の関連で、検査を受ける女性(カナダ)
https://cna.ca/wp-content/uploads/2014/10/Thyroid-scan.jpg


過度に不安になる必要は、ないと、考えます(=私は被曝3世なので、少しだけですが、気持ちは分かります…)。


原子力発電所がエネルギーを得る基本構造
http://ars.usda.gov/sp2userfiles/ad_hoc/19000000SafetyHealthandEnvironmentalTraining/graphics/radioactive-atom.jpg

Particleの1部が、様々な放射性物質となります)


E=mc² Wikipedia(※)
http://ja.wikipedia.org/wiki/E%3Dmc%C2%B2

※物質の質量からは、考えられないくらい、莫大なエネルギーが得られます。


核分裂反応のイメージ(爆心地=高エネルギー)※
http://www.ipc.tohoku-gakuin.ac.jp/~neichi/javaAnalysisTools/figs/func3DSample.png

※青い平面が、ヒロシマの街です。恐らく、もっともっと、中心部のエネルギーは「高かった」と、私は考えます。恐らく、平面(地上)に「針」を立てたような、グラフになると、考えます。


ヒロシマは、この原理を応用した原子爆弾により、濃度80%の濃縮ウランをたった「75キログラム」使っただけで、文字通り「壊滅」しました。

75キログラムです。私の妻の「体重」と、ほぼ一緒です。驚愕するしか、ありません。

実際に核分裂を起こしたウランの総量は、これより、もっと「少なかった」と、推測されています。


核分裂反応のイメージ(※)
http://images.fineartamerica.com/images-medium-large/nuclear-fission-david-nicholls.jpg

※原爆は、いわば、ウルトラ超巨大なエネルギーを持った、球体の「花火」です。

※この核分裂を、制御棒などでコントロールしながら「少しずつ実行」すると「原子力発電所」が完成します。


ロバート・オッペンハイマー(※)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC

※アインシュタインと共に、原子力工学の「基礎」を作った人物です。


彼は「知的好奇心」から「原子爆弾」を作りました。

彼は、これだけ強力な兵器を作れば「無意味な戦争が終わる」と、考えたのです。

しかし、原子爆弾は、今からたった「71年前」に、人類に対して使用されました。

米軍は、ヒロシマとナガサキを、文字通り「焼け野原」にしました。

私の祖父は、ヒロシマに住む親戚を探すため「焼け野原」「さまよい」ました。そして、被曝しました。


【閲覧注意?】 Hiroshima(1945)

http://historylink101.com/ww2_color/WorldWarIIBombDamage/images/IMG_3518.jpg


そして、今、私が、います。


原爆傷害調査委員会(ABCC) → 調査だけで、治療はされませんでした
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86%E5%82%B7%E5%AE%B3%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A


オッペンハイマーは、自分が作った原子爆弾(=原爆=atomic bomb)が、実際に、ヒロシマとナガサキに投下された事実を知って「科学者(=物理学者)はを知った」との言葉を残しています。

現在、世界の各国が、当時の米軍と同じこと(=原爆の投下)をすると「国際法違反」となります。

違法です。

理由は、原爆は、非戦闘員、戦闘員、区別なく、容赦なく「すべてを焼きつくす」からです。


戦時国際法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%99%82%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95


しかし、当時、米国による原爆の投下は「合法」として、処理されました。


原爆によりもたらされた「日本の敗戦」で、喜ぶ、米国の人々(1945/8/14)
http://bloximages.newyork1.vip.townnews.com/stltoday.com/content/tncms/assets/v3/editorial/f/da/fda6ee93-a8ab-510e-a333-4de771660909/500dc71151445.preview-620.jpg


科学者も含め、私達は、まず「法学」を学ばなければ、なりません。

そして「人道(=人の道)」とは何か、常に、考え続けなければ、なりません。

研究者は、知的好奇心の先に、何が待っているのか、きちんと、考えて行動しないといけません。


コンピュータの「思考」(=選択肢のあぶり出しと、評価、選択)
http://www.projectrho.com/public_html/starmaps/media/winchhabhyg/HabHYG30lyNode.png


現在、人間は、コンピュータに勝てていますか???

研究者は、常に、自問自答しないと、いけません。

決して、知的好奇心や「お金」に、心を動かされては、なりません。

その先にあるものは、オッペンハイマーが見た「焼け野原」と、私のココロの「キズ」です。


それが、商売だろうが、研究だろうが、その先に「人々の、未来の子ども達の、幸せな表情」が存在するか、私達は、常に、ふと立ち止まって、考える必要があると、私は、考えています。


満足そうな家族
http://omanhotels.com/surplaza/wp-content/uploads/2013/11/family-comfort-main.jpg


福井県 鯖江市 メガネミュージアム
http://www.megane.gr.jp/museum/ 


私も、恐らく、鯖江市産の、メガネをかけています。大変、使いやすいです。感謝、感謝です(深礼)。


るるぶ.com 福井県
http://www.rurubu.com/pref/index.aspx?KenCD=18



IBM Watson 日本へ進出(IT media)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/10/news154.html


「Hi! Watson here.」

「ワトソン は ここに います」

「Watson's Learning Japanese.」 

「ワトソン は 今 日本語 を 学んで います」


「私 は ワトソン です」

「私 は コンピュータ です」


「私 は 将来 ヒトの 代わりに 考え 働きます




↑このページのトップヘ

show-bg-image