脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



カテゴリ: 防災・減災学

ブログネタ
自転車の交通法規、あなたが一番気を付けたいことは? に参加中!
夜、無灯火の自転車がよく走っています。

これ、アブナイです。

機械のセンサーなどに比べ、人間(私)の目はショボイです。車などから、普通に、見えません。

自転車のライト

今からでも遅くありません。

自動車に轢かれて大ダメージを負う前に、自転車のライトをつけましょう

自転車のライトは、前を照らして、地面の石や小銭を見つけるためではなく、根本的に、遠くの相手に自分の存在を伝えるためにあります。

私たちの身近に走る電車や「新幹線」も同じです。

新幹線のライトは、前を照らして、地面の石や小銭を見つけるためではなく、根本的に、遠くの相手に自分の存在を伝えるためにあります。 


N700系のライト
http://blog-imgs-48.fc2.com/a/b/i/abimaru00/blog_import_4ef3019d93f2a.jpeg


N700系のDVD

私は、ビビリです。ですので、いつも自転車のLEDライトはつけています。

ですので、お車を運転されている皆様、どうか私を轢かないでください。 痛いのはイヤです

どうか、宜しくお願い致します(深礼)


 

Tポイントが使えます。

私の様に非力なものでも、Tポイントで簡単に募金が出来ます。

地震はオソロシイ現象です。

このオソロシさは、世界共通です。

ぜひ、募金をお願い致します。


ネパールへの義援金募集(Yahoo! Japan)
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/


あと2~3ヶ月ほどで、梅雨の時期がやってきます。「土」には注意しないと、イケマセン。

土は、私たちが、思っているよりも、重たいです。


例) 土のう (1こでも、結構な重さです)
http://www.city.ako.lg.jp/shoubou/keibou/images/imgp1321.jpg



サラサラしている土は、雨などで水を含むと、「土の粒子」と「土の粒子」との抵抗が低くなり(=摩擦が弱くなり)、突然「崩れやすく」なります。


例) 土が崩れるイメージ (=砂浜につくったお城)
http://1.bp.blogspot.com/-WwXGrWS7ovE/UX58PLeNZcI/AAAAAAAAAFI/nFIlQMplBDo/s1600/SDIM3253.jpg




以下は、土砂災害を警戒しないといけない場所のイメージです。


例)土砂災害を警戒しないといけない場所
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasen/map/images/saigaiSS4.jpg 



日本のハザードマップです(=国土交通省)。大雨で、少しでも気になったら、すぐに逃げてください。
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link_dosya_kiken.html



私見ですが、地球の環境が変わり、大雨の情報は、1~2時間前の直前でないと、分かりません。

梅雨の大雨に備え、以下のアプリを、インストールすることを、おすすめします。


Yahoo防災速報
http://emg.yahoo.co.jp/


なお、土砂災害を、英訳してみると「Landslide Disaster」となります。

これは、分かりやすい表現です。

「Landslide = 地すべり」です。

「Disaster = 
災害」です。

文字通り、「LAND = ランド(地面)」 が 「SLIDE = スライド(移動)」します。


なだれをイメージしてください。斜面を覆う「雪」が崩れて、すべってくるイメージです。

雪も、雪だるまを想像すると、結構、重たいイメージです。

土砂災害は、これの「土バージョン」です。

「土のなだれ」です。


日本は、縦横無尽に「山」があります。

その山の多くは、太平洋プレートなどの、地盤に「押されて盛り上がった」ものです。


よく考えると、それらの山の表面は、「すべって当然」で、むしろ、すべらないほうが不思議です。

だから、山の表面が、すべらないように、さまざまな技術が、日本で開発され、導入されています。


例) グラウンドアンカー工法 概念図
http://www.netis.mlit.go.jp/Netis/Images/KT-000115B.jpg


例) グラウンドアンカー工法 施工例
http://www.toko-geo.co.jp/assets/media/FF_2.JPG


それでも、人間が出来ることには、限りがあります。

自分の身は、自分の「目」と「耳」と「知識」で守ってください。

でないと、去年発生した、広島の土砂災害のように、悲惨な土砂災害に巻き込まれてしまいます。


どうか、よろしくお願い致します。

 


<バヌアツ>赤十字「医療機関も被災、衛生問題が最も深刻」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150316-00000085-mai-asia



「医療機関が被災」…マズいです…


バヌアツに関する情報 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8C%E3%82%A2%E3%83%84


>>引用

人口は、
24万人

ちっちゃ!!多分、日本で言うと、地方の都市より小さいです。


>>さらに引用

国家元首の大統領は、投票によって決定する。当選には、3分の2以上の得票が必要。
条件を充たすまで何度も投票を繰り返す。2004年の大統領選挙では、32人が立候補し、4月8日から12日まで4回の投票を行い、ようやく決定した。

なんじゃこりゃ。

何度も選挙を繰り返すなど、日本では考えられないシステムですが、選挙に行く人は、増えると、思います。自然と、政治に関する話題にも、花が咲きそうです。


【閲覧注意?】 被災した国「バヌアツ」 
画像検索結果 (Republic of Vanuatu cyclone) 
https://www.google.co.jp/search?q=Republic+of+Vanuatu&safe=off&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=-GAHVcnPEoa2mwXWloKoBw&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1024&bih=623#safe=off&tbm=isch&q=Republic+of+Vanuatu+cyclone


バヌアツは、日本よりずっと南に存在する、島国です。


普段のバヌアツ 画像検索結果
https://www.google.co.jp/search?q=Republic+of+Vanuatu&safe=off&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=-GAHVcnPEoa2mwXWloKoBw&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=1024&bih=623#safe=off&tbm=isch&q=Vanuatu


私は、小学生の頃、台風19号に遭遇し、停電し、家が揺れ、とてもコワイ思いをしました。 


ナントカ、子ども達に笑顔を送りたいと考えています。


ヤフー ネット募金
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630015/


私は、余っていたTポイント(=6ポイント=6円分)を支払いました。

1人1円でも、1億人いれば、1億円になります(深礼)。

私見ですが、払いすぎはダメです。生活資金は、残さないとイケマセン。


きょうりょく
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/ircd/info/MB900430642[1].JPG
 

私は、世界の人々が笑顔になる地球を、想像しています。


スマイル
http://image.blingee.com/images15/content/output/000/000/000/462/286929049_92818.gif




 


エレベーターが到着しました。
http://www.vosizneias.com/wp-content/uploads/2008/09/ele1.jpg



エレベータのデザイン(右下に注目!!)
http://fc03.deviantart.net/fs70/f/2012/107/a/9/elevator___office_apartment_building_by_cr8g-d4wikck.jpg


私は、エレベータに「乗り降り」する際、毎回「指差し確認」をしています。

なぜなら、写真の「エレベータの床」「フロアの床」「ズレ」がないか、 確かめるためです。

もし「ズレ」があれば、ワタシは、エレベータに「乗りません」。また、エレベータから「降りません」


エレベータ事故のイメージ図(2012)
http://www.asahicom.jp/digital_pr/article_images/OSK201210310232.jpg



エレベータは、たくさんの人を、持ち上げる「チョー強力な、パワー」があります。

つまり、1歩間違うと、ワタシの妻のように「人間の身体に、深刻なダメージ」を与えます。

もちろん、日本国内のエレベータは、多くの人々により、日々点検されています。


「日本エレベータ製造株式会社」様
http://www.nichiele.co.jp/maintenance/img/maker_maintenance.jpg


日本のエレベータは、ほぼ「100%」に近い、安全率を誇ります。これは「スゴイこと」です。


海外の「古い」エレベーター(場所不明)
http://farm4.static.flickr.com/3327/3517043404_42c2430c27_b.jpg


なんじゃこりゃ!!

「イヤな予感」がプンプンします。絶対に乗りたく、ありません。


他にも「踏切」は、注意が必要です。


踏切事故のイメージ図(2009)
http://www.mlit.go.jp/jtsb/bunseki-kankoubutu/jtsbnewsletter/jtsbnewsletter_No2/No2_pdf/jtsbnl-02_0607.pdf 


報告書が、ごちゃっとなっていますが、1言で、まとめると

「想定外の事態が発生し、電車が来てるのに、踏切が鳴らなくて、事故った」

です。


HOOOOAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!


再度登場「キーボードクラッシャー」的なワタシ
http://i.ytimg.com/vi/fd66j5qnfKo/0.jpg



こんなの、メッチャ「コワイ」です。

だから、ワタシは、踏切が鳴ってなくても「右よし!左よし!右よし!」と、ココロの中で、指さし確認をしています。


オジサンが、小さな頃、なりたかった職業
http://j-don.sakura.ne.jp/cgi-bin/da4/files/DSC_0245.jpg


ついてに「上よし!下よし!前よし!後ろよし!」と確認を続けたいのですが「警察の方」が来られます。


これは、マズいです。


もちろん、踏切も、日々、メンテナンスされています。感謝、感謝です。


一生懸命、鉄道を、支える皆様
http://i.ytimg.com/vi/Y7xPCFT5Z_E/maxresdefault.jpg



ワタシは、元、システムエンジニアです。

機械やコンピュータのシステムには、どう頑張っても「バグ」という「ウッカリ間違い」が発生します。


バグのイメージ
http://automatak.net/wordpress/wp-content/uploads/2013/10/bug.jpg



私達は、常に、このような「バグ」の発生を、意識して、日々を暮らさないと、いけません。


ワタシ達は、いつの間にか「便利な機械」に囲まれて、生活するようになりました。


・電話
・ラジオ
・テレビ
・照明器具
・パソコン
・スマホ
・リモコン
・電子レンジ
・冷蔵庫
・給湯器
・エレベータ
・エスカレータ
・踏み切り
・電車
・自動車
・バイク
・バス
・船
・飛行機
・信号機
・スーパーの「レジ」
・コンビニの「バーコード」


などなど…


あまり、疑っても、キリがないのですが、「万が一」を、考えて下さい。


あなた様の行動が、あなた様を、救います。


鉄道事故に関する記録
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/railway/rail-kensaku-list.php?type=sort-all&segment=railroad&accident_select=&occur_year_from=&occur_month_from=&occur_year_to=&occur_month_to=&pub_year_from=&pub_month_from=&pub_year_to=&pub_month_to=&rail_division=&state=&businessname=&businessname_op=included&keyword=&keyword_op=and


過去の記録は、大変、勉強になります。

私見ですが、報告書は、全部見切れません。

ワタシは、最後の写真だけ、見るようにしています。






↑このページのトップヘ

show-bg-image