脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



カテゴリ: 医療・看護学

当ブログに「危篤」というキーワードで訪れる方が多いので、リンクを掲載しておきます。


病院から危篤の連絡が来たらどうすればいいの?
http://www.sougisya-erabi.com/qa/hospital-qa/201/ 


危篤状態の方へのお見舞いに行く際、絶対守るべきマナー
http://www.osohshiki.jp/column/article/34/ 


個人的な出来事ですが、現在、飼っている猫のさくらちゃん(1歳・メス)が、急性腎不全のため危篤です…なんとか助けてあげたいのですが…

難しいようです…

55429
 

com-assets_c-2015-05-OHT94_noujyoutoaozora-thumb-1000xauto-15803

本日、午後17時10分、おばあちゃんが、肺炎および胸膜ガン等による心停止で、亡くなりました。 
享年85歳でした。


最期は、おばあちゃんの子ども3人(私の母、おばちゃん、おじちゃん)と、おばあちゃんの孫3人(いとこの女の子2人と自分) の、計6人で看取りました。


おばあちゃんは、亡くなる直前、2回ほど、一瞬だけ眉間にシワを寄せ、苦しそうな表情をしました。
そして、昏睡状態の中、少しだけ、閉じていた目を開きました。

家族全員、それを見て、声かけをしながら涙があふれましたが、この時以外、おばあちゃんは苦しい表情を見せることは無かったので、おばあちゃんは、ほとんど苦痛を伴わないで天国に行けたと思います。


おばあちゃんの血圧は、今朝から上が60前後、下が40前後と低い状態が続いていました。
また、一昨日から、ほぼ昏睡状態でした。

毎分100回前後あった心拍数も、今日の午後から、毎分80回、70回と徐々にペースが落ち、16時前過ぎから不整脈と共に毎分60回、50回、40回へと、さらに減少していきました。

亡くなる直前には、毎分30回、20回、10回と急激に心拍数は減少し、あっという間に心停止に至りました。

まるで、ドラマの様な光景でした。


蘇生措置は断っていたため、そのまま、医師から死亡宣告がなされました。

みんなで大泣きして、ヘトヘトに泣き疲れましたが、葬儀の準備をしないといけません。

明日がお通夜、明後日がお葬式です。

しっかりと、最期まで、おばあちゃんを見送ろうと思います。


自分が小さかった頃、電車好きな自分を、目が回るほど阪急電車に乗せてくれた、優しいおばあちゃん。

今まで、本当にありがとう。そして、本当にお疲れ様でした。


追伸:

今回、お世話になった病院です。医師や看護師さんが、とても親切丁寧で、本当に助かりました。


摂津ひかり病院(大阪)
http://hikari.or.jp/hospital/settu/



今回、お世話になる葬儀屋さんです。電話応対が、少し冷たくビジネスライクな感じですが、料金がハッキリしているので、家族で話し合い、ここに決めました。今回は、「小さな家族葬」を選択しました。


小さなお葬式
http://www.osohshiki.jp/




2015.9.7

昨日、連絡を受け、急遽、おばあちゃんの入院している大阪へ。

肺炎が一気に重症化したらしく、酸素吸入マスクをしないと、すぐに血中の酸素濃度がガクンと大きく下がり、危険になる状態です。

昨晩は、親戚一同で病院に泊まり込み、おばあちゃんの様子を見守りました。

おばあちゃんは、以前に比べて更に痩せ細り、口を大きく空け、呼吸が苦しそうです。

酸素吸入の関係上、口内も乾燥しがちで、皮がめくれており、見ていて辛いです。

意識も飛び飛びで、たまに、天井に手を伸ばしたりするので、恐らく幻覚症状?が出ています。

それでも、希に意識が正常に戻る時があり、何かを伝えようとするのですが、声がかすれて、ほとんど聞き取れません…(口内に軽く水を含ませると、たまに聞き取れるのが救いです)

みんなで涙をこらえながら、代わる代わるおばあちゃんの手をさすり、顔をさすり、身体をさすりました。

今、おばあちゃんのバイタルは安定していますが、意識はずっとボンヤリしている状態です。

たまに、酸素吸入器や心電図のコードなどの医療機器を外そうとするので、本当に苦しいんだと思います。。

担当医師からは、昨晩が山場だと伝えられましたが、昭和4年生まれのタフなおばあちゃんは、昨日の山場を乗り越えました。


私が小さい頃から優しくしてくれたおばあちゃん。

しっかりと看取ろうと思います。




2015.9.8追記

昏睡状態の時間が長くなってきましたが、おばあちゃんのバイタルは、現在、比較的安定しています。ただ、頻繁に実施される痰の吸引がしんどそうで、見ていて辛いです…

おばあちゃんが苦しまないように、神様に祈るばかりです。。


2015.9.9追記

尿量が少なくなり、尿毒症の危険が出てきましたが、今日も、比較的バイタルは安定状態で、おばあちゃんは、生き抜きました。明日も、しっかり見守ろうと思います。


2015.9.10追記

主治医の先生が驚かれるくらい、今日のおばあちゃんは意識もはっきりしており、安定していました。ただ、レントゲンの結果、肺の画像は炎症で真っ白になっており、常に酸素ボンベが必要な状態です。。呼吸も、相変わらず苦しそうですが、昨日、一昨日よりは、若干、楽になっている気がします。

明日も、お見舞いに行く予定です。どうか神様、おばあちゃんが苦しみませんように…


2015.9.11追記

今日のおばあちゃんは、バイタルも安定し、1日中、スヤスヤと眠っていました。点滴経由で抗生物質を投与した結果、肺炎部分の20%ほどが回復しており、改めて、おばあちゃんの生きる力を感じました。ただ、腕の力がほとんど無くなっており、少し、見ていて辛いです。





stomach_iStock

昨日の晩、本格的に吐き気が止まらなくなり(20~30回くらい)、ついに観念して、胃カメラを飲んできました。。。


古江駅前内科さん(広島県広島市西区)
http://www.furue-ekimaenaika.com/ 



外観(内装の写真はありませんでしたが、とても綺麗でした)
http://byoinnavi.jp/images/co/l/261/93261.0a7128c7.jpg



結論から言うと、胃や十二指腸は綺麗で、特に問題はありませんでした。良かった…

ただ、食道と胃をつなぐ部分に、やや、締りの悪い部分があるとの事でした…(軽度の食道裂肛ヘルニア)


「正常な状態と、「食道裂肛ヘルニア」の状態の違い
http://www.orikasa-clinic.com/wp-content/uploads/article_illust.jpg



胃カメラで撮影したハイビジョン画像を見ると、食道の一部に、胃酸による炎症が起きた痕跡(=逆流性食道炎の痕跡と思われるもの)がありました…

今回見つかった食道裂肛ヘルニアは軽度であるため、今回は治療は不要との事でした。ただ、吐き気が止まらないため、吐き気止めを処方してもらいました。


個人的な推測ですが、このQAにある症状に近い疑いもあります。。いつか調べてみます。。


唾液過多と吐き気について
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3369262.html


引用
>>「鉄欠乏」から来る自律神経失調症の可能性
>>内科の血液検査で是非フェリチン値(身体に含まれる鉄分)の検査をしてください。



なお、今回行った「古江駅前内科」さんは、最近リニューアルオープンしたとの事で、院内や、胃カメラ関連の機械・装置類の見た目が新しく、また、若い男性の院長先生や、看護師の皆様が非常に親切で、本当に行って良かったです。

ただ、私の体質的な問題からか、口の中に含むゼリータイプの喉への麻酔は効いたものの、筋肉注射タイプの全身麻酔がほとんど効かず、胃カメラを飲み込む時だけ、「Oh!Yeah!」となり、多少苦労しました…


病院にあった胃カメラ関連装置(うろ覚え・オリンパス製)
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2006a/nr060515evisj.jsp



胃カメラを飲んだ後は、点滴&30分程度の休息をして、帰宅。

医療費は、約4,900円でした(薬代は別途、約1,200円)。個人的に痛い出費ですが、健康には変えられません。


古江駅前内科さん、本当にありがとうございました(深礼)


P.S. 先ほど、ノドが痛いなぁと思い、体温計で体温を測ると、熱が出てました…(37.5度)ええぃ!この虚弱体質め…(舌打ち)



今日も朝から吐き気が止まらず、たまらず最寄りの病院を受診。

詳細は、胃カメラを飲まないと分からないのですが、ほぼ「逆流性食道炎に間違いない」との診察結果でした。


逆流性食道炎の簡単なイメージ
http://www.keiyu-clinic.com/img/photo/gyakuryu01.gif 



一言で言うと、ストレスなどで、胃酸が食道に逆流してしまい、炎症が起きる病気です。

まぁ、ストレスと言えば、この春に生じた離婚や、この夏の暑さで、色々受けている気がします。。

お薬をもらったので、しばらく様子見です。


治らなければ、明後日以降、広島で胃カメラを飲む予定です。。


全国の納税されている皆様、医療費をムダ使いしてしまい、誠に申し訳ございません(陳謝&土下座)

薬は、可能な限り、安価な「ジェネリック医薬品」を使用していますので、どうか、ご勘弁下さい。。


ジェネリック医薬品って何だろう?
http://www.yg-nissin.co.jp/customer/



大阪は、尋常じゃないくらい暑いです。

どうか、当ブログをご覧の皆様も、お身体には、十分にお気をつけ下さい(深礼)


PSその1
お陰さまで、入院中の、おばあちゃんは、徐々にですが、回復傾向にあります。
まだ退院の目処は立っていませんが、いつか、退院できる日が来るように、願うばかりです。


PSその2
皆様による、当サイトにおける「スポンサーリンク」のごクリックにより、昨日の広告収入が、なんと「100円」を超えました!感謝、感謝です。

また、体調が戻り次第、皆様のご多幸を願い、神社に参ります。
本当に、ありがとうございます(深礼)







↑このページのトップヘ

show-bg-image