脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



2016年01月

ここ何週間か、過眠状態で、作業所は一旦見送りとなりました。

寝ても寝ても眠たく、まるで冬眠です、、、

働いている皆様に毎日申し訳ないと祈りながら、日々を過ごしています。

皆様、寒いので、どうか体調にだけはお気をつけください。

それでは、おやすみなさいませ。

C812_moromiejyanaika_TP_V


未来予測セミナー 人工知能の未来
http://www.nikkeibpm.co.jp/semi/1104mirai/


料金が高くて、とても参加できそうにありませんが、とても興味ある分野です。

個人的には、新市場が創出されるスピードよりも、既存のビジネスが破綻するスピード(=失業者が増えるスピード)の方が早い気がします。

その先にあるものは、高度な仕事が可能な、一部の富裕層と、コンピュータに仕事を奪われた大多数の貧困層の出現です。

現状を見渡してみても、富裕層と貧困層の格差は広がっていく一方のような気がします。


平成23年度所得再分配調査結果(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12605000-Seisakutoukatsukan-Seisakuhyoukakanshitsu/h23hou_5.pdf


7ページの白いグラフ(当初所得)を見ると、富裕層の世帯と貧困層の世帯がハッキリと分かれている状況が分かります。

また、同ページの黒いグラフ(再分配所得)を見ても、年収が300万円を下回っている世帯がたくさんあります。


日本政府は、有効求人倍率の上昇を強調していますが、実際に、正社員の有効求人倍率を見ると、平成17年~平成26年の間は、ずっと1.0倍を下回っています。


正社員求人の動向(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000092831.pdf


正社員の有効求人倍率(上記資料より抜粋) ※0.5未満は、赤色で表記

平成17年度…0.59倍
平成18年度…0.63倍
平成19年度…0.61倍
平成20年度…0.48倍(!)
平成21年度…0.26倍(!)
平成22年度…0.33倍(!)
平成23年度…0.41倍(!)
平成24年度…0.49倍(!)
平成25年度…0.58倍
平成26年度…0.68倍


個人的には、雇用に関する法律の規制緩和や、コンピュータシステムの進化により、いわゆる正社員という立場の人間は、もはや日本経済に、そんなに必要ない気がします。


結果、低所得者層の増加→少子化、晩婚化、未婚化が進んでいるのかもしれません。

かくいう私も、低所得者層です。今後が思いやられます。。。


早く、日本政府にベーシックインカムの導入を決定して欲しい、今日この頃です。


ベーシックインカム(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0


>>抜粋

国民の最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想。

生存権保証のための現金給付政策は、生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などのかたちですでに多くの国で実施されているが、ベーシックインカムでは、これら個別対策的な保証ではなく包括的な国民生活の最低限度の収入(ベーシック・インカム)を補償することを目的とする


<メリット>


・貧困対策

ベーシックインカムの基本的な目標は一定の所得を無条件で保障することで、すべての国民が最低限以上の生活を送れるようにすることである。ワーキングプア問題への処方箋として期待する向きもある。ワーキングプアは、自己の年収が200万円を下回る貧困層の立場に置かれているものの、辛うじて生活保護を要するほど困窮した立場にはないとして、従来の社会保障制度では救済されない。日本にベーシックインカムを導入すれば、ワーキングプアにも社会保障を受ける機会を提供できるとされる[要出典]。また生活保護のように、生活水準が著しく低下してから人々を救う「救貧」と異なり、「防貧」の側面がある。



・少子化対策

ベーシックインカムは負の所得税と異なり、世帯ではなく個人を単位として給付される。子供を増やすことは世帯単位での所得増加に繋がるため、少子化対策となりうるという考えがある。


…このままだと、日本の若者は、年金(賦課方式)などで、保有する僅かな資金を高齢者に搾り取られ、飢え死にです。

-shared-img-thumb-LISA141018397472_TP_V


ネット相談回答者、人工知能で選定 オウケイウェイヴ 
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95695470T00C16A1TJC000/


→人材マッチング作業をしている方々の仕事が、脅かされつつあります…


レポートを書く人工知能、ホワイトカラー危し
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/94773816.html 


→ライターの方々の仕事が、脅かされつつあります…


人工知能に負けない子ども、どう教育するか
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/93793217.html 


→もはや、手足を動かす仕事以外、人間が人工知能に太刀打ち出来ない時代が到来する気がします…


私は、若干の不安障害を抱えています。

よって、病気によって、認知の歪みが出ているのかもしれません。 

これらの記事は、私が作為的に抽出した、偏った情報かもしれません。

ちなみに、去年、精神科で、先生に対し、人工知能が人間の雇用を奪うと懸念を示したところ、入院を勧められました…


個人的な意見ですが、やはり、人間の仕事は、将来、コンピュータの下請けになると思います。

コンピュータから指示された作業を、黙々とこなす。

例えば、スーパーのレジで、ひたすらお金を受け取り、お釣りを返す店員を眺めていると、レジが、人を支配しているように見えてきます。


最近のレジ(スマレジ…非常に高性能です)
http://smaregi.jp/product/functions.php



レジシステムが、人に代わって、売上げ分析や、商品管理、在庫管理までリアルタイムで実行しています。

基本的に、人は、これらのレジシステムの下で、会計作業を実行するのみです。

便利になった分、人の知能が退化してきているようにも見えます。


本当に、これらの物事が杞憂だといいのですが。


ハチャメチャな私ですが、皆様、今年も何卒宜しく申し上げます(深礼)


それにしても弟よ…会社から持ち帰った仕事を家でするのは、やめてくれ…

無職の兄貴は、切ないでござるよ…


そんな中、多少からだが重たかったものの、近所の神社に初詣に行ってきました!


草津八幡宮(広島市西区)
http://kusatsu189.com/



手を合わせながら、以下のお願いごとをしてきました。


1.このブログを読まれた皆様が、幸せになれますように。
2.自分の病気が軽快しますように。
3.これらの願い事が叶いますように(失礼ながらも、神様に念押し)。


財布の中身を見ると、3500円です。銀行口座の中身は3桁…

お年玉が欲しい35歳(!)。あぁ、今年はどうやって生き延びよう…


あまり先の事を考えても仕方ないので、今日のことだけ考えるようにします…

今から、とりあえず年賀状の返信を書きます(2枚だけですが…)。


それでは、皆様、本年も、当ブログを宜しくお願い申し上げます(深礼)



↑このページのトップヘ