脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



2015年03月

皆様の検索の負担を少なくするために、私は、ブログタイトルを「脱検索ブログ」としました。

しかし、私の記事が増え、300記事を超えて感じたのは、このブログは、脱検索「できてない」という事実です。


私は、これ以上、記事を書くことを「躊躇」しています。


 

あなたのお近くにも、店舗があるかもしれません。適宜、追加します。


業務スーパー  さま
http://www.kobebussan.co.jp/shop/



ココカラファイン さま
http://www.cocokarafine.co.jp/healthcare/store/


ドトールコーヒー  さま
http://sasp.mapion.co.jp/b/doutor/


ナフコ21スタイル  さま
http://www.nafco.tv/stores/ 


JINS  さま
http://shop.jins-jp.com/b/jins/


メガネの21  さま
http://www9.two-one.co.jp/21net/htm.nsf/ptenpo?OpenPage


UNIQLO  さま
http://www.uniqlo.com/jp/shop/


ABCマート  さま
http://map.abc-mart.net/ 


Y!mobile (PHS) さま
http://www.ymobile.jp/shop/index.html?ref=head 








今朝、近くのホームセンターに行き、出口付近のベンチで疲れて休んでいたところ、ベンチの下にお財布(小銭入れ)が落ちていました。

小銭入れの中には、700円近くの大金(!)が入っていました。

私の中に以下の3点の選択肢が浮かびました。


1.ネコババする(=盗む)。
2.ホームセンターの人(=レジの人)に届ける。
3. 警察に届ける。



1は、刑法上および、人道的な立場から、NOです。


窃盗罪 (=せっとうざい) Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%83%E7%9B%97%E7%BD%AA 


3は、近くに交番がないため、NOです。

私は2を選び、ホームセンターの店員さんに事情を説明し、お財布を渡しました。


小さな親切、大きなお世話と言われる場合もありますが、私は、お財布が、ちゃんと持ち主の方に戻るように、願いました。

この願いが叶うことを、願っています。


 


お年寄りは「発明の母」 薬の時間、ロボットが声かけ
 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF16H1M_Q5A320C1SHA000/


動画
http://www.nikkei.com/video/869684000002/?playlist=843087678002



開発を担当したのは、以下の企業様です(=介護業界大手)。


セントケア・ホールディング株式会社
http://www.saint-care.com/center/


開発に協力したのは、以下の企業様です(=車関連の会社です)。


クラリオン株式会社
http://www.clarion.com/jp/ja/corp/about-clarion/president/



記事を見て驚きました。

記事には、「CDチェンジャー」の技術を、「お薬のトレイ」に応用したとありました。


CDチェンジャーのイメージ (=たくさんのCDを、機械が整理・整頓します)
http://afroaudio.com/shohin_img/2013_03/10737_PD_F908/2.jpg



記事には、CDの代わりに、お薬を、1回分、決まった時間に、配給するとありました。

まさに、異分野で発達した技術の融合です。

私の脳裏には、以下の動画が浮かびました。


アイデアがセックスするとき (TED)
http://www.ted.com/talks/matt_ridley_when_ideas_have_sex?language=ja



これから、日本は、超高齢者化社会に突入します。

このような動きが、今後、加速するように、願うばかりです。


かんたん位置情報サービス(NTTドコモ)
http://businessnetwork.jp/Portals/0/Data/2014/06/19/airstamp02.jpg


これを持ち歩いている限り、夜中に徘徊して行方不明になっても、ナントカ、手がかりを見つけることができそうです。

将来、私も、GPSのお世話になりそうです。


介護分野に進出してきたロボット(=マッスルスーツ)
http://innophys.jp/



このような動きは、歓迎します。介護士の人(昔の妻)は、とにかく腰を痛めます。

早く、このようなサポート器具が全国に広がるように、私は、神様に願っています。










とにかく、いじめっこが、大の苦手でした。

私は、ヤドカリ体質なので、すぐに、いじめっこの標的です。

学校では、「プロレス技」をかけられたり、無視」されたり、よく分からないのに、にらまれたり」

色々されました。


いじめ
http://madnag.m.a.pic.centerblog.net/o/8fd5a3c3.jpg



球技も、卓球をのぞいて、大の苦手でした。

サッカーとか、ドッジボールとか、ダメです。

いつも、仲間から怒声をあびせられ、辛かった思い出があります。


運動会がとても苦手でした。 早く、運動会の無い世界(=おとなの世界)に行きたかったことを思い出します。


運動会の日 = 1年で一番イヤな日
http://chiikigoto.com/wp-content/uploads/2012/10/izari1.jpeg


私は過去、関西のIT関連の会社に就職し、おとなの世界の仲間入りを果たしました。 


ビルのイメージ
http://bb-building.net/tatemono/image/100/ntt/00.jpg



そこで待ち構えてたのは、「子どもとは異なる、いじめの世界」でした。

私は、今まで、あまり、というか、ほとんど、不満を述べずに暮らしてきました。

相手の要求を断ることが出来ずに、暮らしてきました。



酒好きな上司が「おい!飲みに行くぞ!」と言えば、NOと言えませんでした。

多いときは、週に5日、飲みに行っていました。今考えると、むちゃくちゃです。


私は、病に倒れました。もともと、身体は、強い方では、ありません。

1週間近く、入院したことを、覚えています。


急性すい炎 (アルコール過多で、すい臓が炎症を起こす病気です)
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sna59717/20121221/20121221074902.jpg 



数週間後、職場のオフィスに復帰して、その上司から言われた一言は、以下の通りでした。


「ちゃんと、断れや!」 


その上司は、パソコンの画面を見たまま、この1文を口にしました。

多分、私は、死ぬまで、この1言は、忘れないと思います。

私だけが、悪者にされました。

他にも、職場では、別の上司に、色々な言葉を受けました。


怒りっぽい上司
http://www.lifehacker.jp/images/2013/01/130103boss1.jpg


「お前、気持ち悪い」

「髪の毛にジェルつけ過ぎやろ。唾液つけたみたいになっとるやん」

「はよやれや(怒声)」 (プログラム作成の作業時間が足りないと計算した自分に対し)

「いいからやれや
(怒声)」 (同上)

「報告しろや(怒声)」 (同上)


朝の9時から、夜の23時まで、オフィスに缶詰になる生活が、2ヶ月とちょっと続いたあと、私は、精神的におかしくなってきました。


「明日が、来なければいいのに」


会社での作業も、遅延が増えてきました。作業が終わらず、凡ミスが増えてきました。

私は、倒れました。2006年の夏頃の話です。


忙しいのは、私だけでは、ありませんでした

周囲は、みんな、朝から晩まで必死に作業をしていました。

今、私は、以下の推測をしています。


社長は、赤字案件を防ごうと、「最小限の人間と時間」で、「最大限の仕事」をしようと判断したと推測されます。


つまり、ホワイト企業が一瞬、「ブラック企業」になったということです。

IT用語では、労働環境が、一時的に極めて苛酷な状況に陥ることを「デス・マーチ」と呼んでいます。 

私は、このデス・マーチに巻き込まれました。


その結果、双極性障害(II型)を発症し、2008年に、同社を退職、以後、療養生活となっています。

睡眠障害が直らず、ずーっと夜も起きていることもあれば、1日14時間も寝ている時もあります。


この記事を読んでいる皆様に、私は警告します。

パソコンやスマホは、1日8時間以内にした方が、良いと考えます。

残業で何時間もパソコンを操作し続けることは、身体に大きな負荷をかけると考えます。

どうか、自分の身体を、大事にしてください。


よろしくお願い致します。


===================
↓今現在、苦しい思いをされている方の相談先です。
===================



法テラス(パワーハラスメントについて)
http://www.houterasu.or.jp/service/roudou/power_harassment/


こころの耳(働く人のメンタルヘルス)
http://kokoro.mhlw.go.jp/


法務省 人権侵害に関する相談先
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html




 

↑このページのトップヘ