脱検索ブログ

→緊急の方は、こちらを、ごクリックしてください。当ブログの「コア」です。情報爆発の時代です。そんな中、チキンな私が、自分なりに、情報を整理してみます。

This website [Fonts] are [Japanese].If you don't have Japanese Fonts, Please Click Here.

10年前、IT企業で過労死しかけ、睡眠障害(そううつ病)を発症。以後、休職・退職+妻に愛想をつかされ離婚のコンボで、池に転がっていくドングリの様に、人生を転落中です。

ですが、運よく知人から声を掛けられ、2017年より、広島で便利屋を起業することになりました。現在、知人と共に、人工知能を応用した、ソフトウェアを制作中です。

当ブログでは主に、人工知能の進化による、未来の雇用の喪失を懸念しています。



2015年01月

セーフキャスト
http://blog.safecast.org/ja/2014/05/updated-safecast-webmap/



人は、大体、見えないものに「恐怖」を抱きます。

例えば「お化け」がそうです。
なお、私は、いつも、お化けが見えるので、あまり、恐怖を感じません(※)。

※ウソです…コワイです…

例えば「自分の将来」です。

例えば「自分の死」です。

例えば「日本の財政破綻」です。

例えば「放射性物質」です(※)。

※上記のリンク先は「放射性物質の分布」を、分かりやすい「地図」で示そうと試みているサイトです。私は、不安持ちで、なおかつ「被曝3世」であるため、このような情報は、大変、助かります。


なお、私のようになると、見えるものにも、恐怖を抱くようになります。

運動エネルギーが大きい「自転車」です。

運動エネルギーが、より大きい「自動車」です。

運動エネルギーが、よりもっと大きい「在来線の電車」です。

運動エネルギーが、よりもっともっと大きい「新幹線」です。 

運動エネルギーが、よりもっともっともっと大きい「飛行機」です。

運動エネルギーが、よりもっともっともっともっともっともっともっと大きい「隕石」です。

何か分からないエネルギーが、とにかく大きい「私の妻」です。


検索ワード「運動エネルギー Wikipedia」


一言で言うと「重いモノ」「ヤバイ」です。 「速いモノ」は、チョー「超ヤバイ」です。


よく、このように言う人は「不安になり過ぎだ」と言われます。
いわゆる「不安障害」です。

しかし、事実を紐解くと、年間、何千人もの人々が、自動車を使って、天に召されています。

恐らく、誰もが 「走ってくる電車に飛び込んだら、ヤバイ」 と感じると思います(※)。

※あなた様に関係ある人々が「民法第709条違反」に問われる可能性があるため、個人的に「実行は、ダメ」だと、考えています。ただし、行動の決定権は、あなた様にあります。


直感は、大体、正しいです。

私は、平気で車や電車に乗る人々が「安心障害」である可能性を秘めていると、考えています。

私は、命を節約したくは、ありません。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


→様々な方々が、様々な視点から、ブログを書かれておられます。



人気ブログランキング




 

フューチャー・イズ・ワールド


これは、地球の「2億年後の未来」を予想した本です。

人が、、、、いません、、、、

地球全体が、まるで、野生の動物園です。。。。

大体が「昆虫のようなもの」と「深海魚のようなもの」と「恐竜のようなもの」です。。

検索ワード「パンゲア大陸 Wikipedia」

もともと、世界は1つだったのですね・・・

今は、人類が「国境」を作り、勝手に線引してますが、、、

そして、2億年後は、今の各大陸が、再び融合し「第2パンゲア大陸」が出現するらしいです。

まるで、オカルトです。

幽霊より、コワイです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


→様々な方々が、様々な視点から、ブログを書かれておられます。




人気ブログランキング







 


Amazon、プライム会員増加で過去最高の売上高、黒字に転換
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/30/news056.html


引用

2014年通年では、売上高は20%増の889億9000万ドル、純損失は1億7800万ドル(1株当たり54セント)。前年は2億7400万ドル(1株当たり59セント)の黒字だった。


超ざっくりと日本円に直すと

売上…約9兆円(!)
純損失…160億円くらいの赤字


oh...

「ネットで」広告を世界中に配信しているGoogleとは違い、Amazonは「リアルに」モノを運ばないといけない点が、ネックですね、、、

配送員を、失業させる勢いで、小型飛行機「ドローン」を開発しているのも、頷けます、、

電子書籍「Kindle」が普及すれば、紙の本よりも、はるかに輸送コストが下がる(=利益につながる)ので、今後のKindleの普及の仕方によっては、も少し、Amazonは、元気になるかも、しれません。

しかし、もし、Kindleが出版業界(日本)のスタンダードとなったら、紙媒体を基本としている出版業界で、仕事が無くなる人が増えますね、、、

私見ですが、失業者は、今後、増えそうです。


「Fire Phone」の販売や、メールサービスを始めた様ですが、二番煎じの感が否めません、、、


多分、Amazonの経営者は、会議室に閉じこもり、私のように、ウンウン唸っていると、思います。


焦点:多額投資で赤字の米アマゾン、投資家は苛立ち(2014年 07月 28日)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FX08W20140728?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


→様々な方々が、様々な視点から、ブログを書かれておられます。



人気ブログランキング





死にたい…コメント欄前半
http://sinitaiyo.doorblog.jp/lite/archives/1009095960/comments/413270/?p=1

死にたい…コメント欄後半
http://sinitaiyo.doorblog.jp/lite/archives/1009095960/comments/413270/?p=181



日本国民は、耐えに耐え、忍び難きを忍び、今日も、歯を食いしばって、生きています。

みんな、クソ頑張っています。

そ知らぬ顔で、コンピュータで、オートマチックに、お金を集めている人は、この問題が、見えますか??

国政に携わる人々は、うちわの問題などを、話している場合ですか?

号泣したり、逃げ回っている、場合ですか??

支援者に、餅をばらまいている、場合ですか???

もちろん、真面目に、国のために頑張る政治家の方々も、たくさん、いらっしゃいます。

私は、怒りを、ぶつける先が、見つかりません。

マスメディア(テレビ)は、誰か知らない人々の結婚や離婚を、報じている場合ですか?

過去の番組の、再放送を流している場合ですか??

ボンヤリとした、ニュースを流している場合ですか???

人々は、ボンヤリ考えているだけですか?

すぐそばに、悲痛な顔をしている人が、いませんか??

お隣さんが、誰だか、分かりますか???

ネットは、ゲームを垂れ流している場合ですか?

まとめサイトや、まとめのまとめサイトを作ってる場合ですか??

スクリプトを組んで、自動で、Twitterなどに、つぶやいていませんか???

もう、胸が、張り裂けそうです。

私が、精神的に、おかしいだけかもしれません。

経済紙を見ても、そのほとんどが、閑古鳥です。

SON▲が、リストラするのは、何度目ですか?

人件費を、どれだけ削減すれば、気が済むのですか??

国内に見切りをつけ、海外企業と、資本を提携して、海外に逃げようとしていませんか???

ベースアップの声が、微かに、聞こえてきます。

微かに、です。

国会中継を見ると、自然言語で、語句の解釈について、論議をしています。

スーパーコンピュータ「京」で、日本経済を、シミュレーションしたら、どうですか?

「2042年」まで増え続ける見込みの高齢者に、政府は、どのような、対応を考えているのですか??

近いうちに、街が、バイオハザードみたいになるのではないのですか???

私の頭が悪いのか、全く見えない。

国の行く末が、全く見えない。

どんなイメージか、全く見えない。

言葉からも、読み取れない。

細かいグラフやデータからも、読み取れない。

情報が、バラバラです。

なぜ、このご時世に「速記」の人が、いるのですか?

なぜ、このご時世に「委員長」みたいな人がいるのですか??

民間企業みたいに「コンピュータ」に置き換えたら、どうですか???

法律違反?

法律が、おかしくないですか??

民間企業では、どんどん人が、機械やコンピュータに置き換わってますが、無視ですか???

法律による規制は、しないのですか???

「0増5減」とか、言っている場合ですか???

仮に「0増全減」しても、無理なのでは、ないですか???

国会に、いる人は「家計」を預かったことが、ありますか??

国民が、苦しんでいることが、分かりますか??

なぜ、若き人々が選挙に行かないのか、分かりますか??

国民を、若い人を、アニメや映画で娯楽漬けにして、これから、どうするのですか??

戦略が、見えない。

私の、理解力が、足りないのだろうか。

全然、戦略が、見えない。

将棋なら、若い人々は、最初から、飛車角落ちです。

1部の高齢者や若者が、持ち駒を大量に、有しています。

格差は、日本だけでは、ありません。

ブラジルや、ギリシャを見ると、惨憺たる状況です。

世界中で、格差が、発生しています。

日本は、徐々に、沈んでいます。

日本の家庭単位でも、格差があります。

私と妻の間にも、格差があります。

みんなが手を繋ぐことが出来ない社会が出来てしまいましたが、日本の皆様は、これで、満足ですか???


私は、不満足です。



今後の高齢者人口の見通しについて(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link1-1.pdf


私見ですが、今、産まれるはずの「命」が、経済的困窮という理由で、消えていませんか????



親の介護について書かれた本


卵子の老化について書かれた本




にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


→様々な方々が、様々な視点から、ブログを書かれておられます。




若年者の就業状況
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html


5年前のデータです。
今はどうか、分かりません。

しかし、最近、コンビニで「強い異臭がする、若者」を見つけました。

また「ボロボロの服を着て、笑顔で笑う夫婦」も、見ました。

もちろん、認知バイアスが、かかっているので、私は、全体像が、見えていない可能性があります。


参考サイトの「完全失業者数」のデータを見ると「なんか、若者の失業者数が、多い」です。

少子化で、人口は、減ってるはずです。
一体、どうなっているのでしょう??


あと「ニートがめっちゃ存在する」のに「私の身の回りで、特に困った事が、ありません」

よく考えると、足がガクガク震えてきます。

日本は、すでに、国内で、やることが、あまりない可能性があります。


そんな中、スカイ〇ーク社が、民事再生法の適用を申請しました。


朝日ニュース スカイマーク社が民事再生法の適用を申請
http://www.asahi.com/articles/ASH1Z5GRNH1ZULFA02L.html



何やら色々言われていますが、私は経営者の、決断を支持します。

なぜなら「安全に対するコストを、むやみやたらに下げなかった」からです。

言い換えると「安全に対するコストを下げ、飛行機を墜落させなかった」からです。


過去の歴史に学ぶと、安易な安全コストの削減 (=時に【改善】と呼ばれる) が、飛行機の墜落につながっている事例が、多々、あります。


これは、マズイです。

お金よりも、乗客の「命」です。
当たり前です。


ここで注目しないといけない事は「お金がなくなった!」から「誰かが、命を持って、その責任を果たす」とは【ならない】ことです。


仲間の企業が、手を差し伸べて、助け合っています。


今現在、自分で命を絶っている人の、2〜3割は【経済苦】です。


ハッキリ言います。

企業が助け合っているのに、我々、国民が、経済的に助け合わないのは、どう考えても「変」です。


経済苦で、命を絶たないで下さい。

詳しくは、カテゴリ「★何かに『困っている』皆様へ★」を、ご覧下さい。


今日も、鉄道人身事故の、お知らせメールが、私のケータイに、届きました。


私は、泣きそうです。



【後日追記】スカイマーク社 整備不良で厳重注意
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150130/t10015103181000.html

…。前言撤回します…。





航空事故

→航空機は「え?マジで!?」という原因で生じた事故と、安全対策の繰り返しで、今日に、至ります。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


→様々な方々が、様々な視点から、ブログを書かれておられます。



人気ブログランキング






↑このページのトップヘ